未分類

赤ニキビの原因は?正しい対処法でニキビケアをしよう!

 

ニキビで悩んでいる人の大半は、赤ニキビの対処に困っているのではないでしょうか。

赤ニキビは、ニキビの悪化レベルでいうと、レベル2といったところです。

顔の皮膚が赤く炎症を起こした状態は、とても目立ってしまいますし、気になります。

処置を誤れば跡を残してしまう赤ニキビはとても、やっかいなものですね。何が原因で出来てしまうのでしょうか。

赤ニキビが出来る原因は、主に10代の成長期で出来る場合と、それ以降の20代~30代で出来る場合では違ってきます。

成長期に出来るニキビの原因は、この時期に男性ホルモンの分泌が活発になる事によって、皮脂の分泌が過剰になる事です。

過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぐ事により、白ニキビになります。

ちなみにレベル1は白ニキビなのですが、これは小さくてかたい白色をしたもので、一見してあまりニキビだとわからないものです。

痛みもかゆみななく、ただ肌がポコッと隆起したようになっています。

さらに、白ニキビが酸化して黒ずむ事によって黒ニキビになるのです。

この状態が改善されないと、皮脂を大好物にしている常在菌であるアクネ菌が過剰に繁殖してしまい、炎症を起こしてしまいます。

これが赤ニキビです。痛みもでて、痒いと感じる方もいます。

20代~30代以降に出来る赤ニキビの場合、ニキビが出来るメカニズムは、基本的には成長期に出来るニキビと同じですが、その原因は、皮脂の過剰分泌では無く、ホルモンバランスの乱れや、ストレス、化粧品やスキンケア、食事や睡眠の乱れなど様々である事が特徴となっています。

目立つので、気になって触ったり潰してしまったりしたくなるのですが、これはもちろんNGです。

白ニキビだと潰す治療法もありますが、赤ニキビになると、さらに悪化してひどい痕になることもあるので、潰すのはいけません。

このタイプのニキビの治療法は、患部を乾燥させて雑菌のエサである皮脂を絶ち、それから抗菌薬を塗るのが一般的です。

乾燥させて皮脂を絶つタイプの薬は市販もされていますね。

抗菌薬は皮膚科で処方されますが、乾燥させてエサ断ちするだけでも十分治療できます。

抗菌剤を使うと早く治るのですが、肌バリアも弱くなるので、できれば自己治癒力で治した方がよいでしょう。

あとはこまめに洗顔で汚れを落とすこと、皮脂の分泌を抑えるためにビタミンCをたくさん摂取するというのもおすすめです。