未分類

腸活では食物繊維や発酵食品の摂取が有効!

 

腸活とは、腸内のバランスを整えることで美容や健康、そして精神的にも良い状態を保とうとするものです。

腸は第二の脳とみなされている重要な器官であり、独自で働くことができるとされています。

その良い例が体にとって好ましくないものを摂取した時に排出しようとして起こる下痢です。

これは悪いものを排除しようとする働きによって起こるものであり、脳からの指令でなく腸が直接働きかけて起こしています。

それ以外にも減少するとうつ病の原因にもなるといわれているセロトニンは腸内で生成されることが分かっており、精神的な面においても重要な器官であることが分かります。

腸活を行う場合、ストレッチを取り入れる人が多いようです。

体を動かして腸に適度な刺激を与えることで活性化することができますので、便秘が解消されやすくなります。

腸活においては古い便を排出してお通じのリズムを整えることが重要ですので、ストレッチなどの運動は非常に有効な手段となります。

日頃から運動不足の人は腸のぜん動運動が鈍ってしまい、便秘につながっていることがあります。ですから、積極的に体を動かして停滞しないように注意しなければなりません。

体を動かすのが億劫という人でもできる腸活があります。

それは、食物繊維を摂ることです。食物繊維の中でも水溶性のものを摂るのがポイントであり、計画的に摂取することで溜まっていた便を排出することができるようになります。

食物繊維で便意を感じやすくなるのは、便の量自体が増えるからです。

食物繊維は消化されて吸収されるような類のものではなく、腸内まで届いてからも残って排出されますので、食物繊維をたくさん摂ると便の量が増えます。

量が増えれば排出させるような働きが自然に起こりますので、便意を感じにくいというタイプの人にもおすすめです。

古い便が排出されると腸内が綺麗になって、血液もサラサラになります。

古い便は腸やその他の内臓を圧迫するだけでなく、溜まった便から有害物や毒素などが排出されて血液をドロドロにしてしまい、循環にも影響を与えますので、古い便を残しておくのはとてもリスクがあることです。

他にも発酵食品を摂ることは有効な手段です。

発酵食品は日頃摂っているものの中でも色々あり、味噌や納豆、ヨーグルトは有名です。

キムチやぬか漬けといった漬物でも摂取することができるので、気付かないうちに自然に摂取しているケースも多いようです。

最近では野草や野菜、果物などの素材から作られている酵素ドリンクを利用する人も増えており、ダイエットや美容に効果的であると評判になっています。

市販されているものを利用すればわざわざ発酵食品を探して摂取しなくても毎日コンスタントに取り入れることができますので非常に便利です。

腸内のお掃除に役立つものですので、いつもお腹の中がスッキリしないと感じている時やこれといった原因が見当たらないのにむくみが現れる、疲れが抜けないという時におすすめであり、続けて摂取すると美容や健康に様々な効果をもたらしてくれます。

腸活を行うと、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが改善されて、善玉菌の量が増えます。

悪玉菌が多い場合には便秘が起こりやすくなり、血液もドロドロになります。

しかし、善玉菌を増やす努力をすれば次第にサラサラの血液に変わりますので、必要な栄養素を届ける働きもスムーズになって、エネルギー効率も良くなります。

これがダイエットにも効く理由であり、細胞に必要な栄養素が行き渡れば肌のコンディションも整えられます。

ダイエットをしていても代謝を改善しながら痩せるというのは非常に難しいのですが、腸活を実践していくと自然と代謝の良い体が作られていきます。

代謝が良くなるとエネルギー効率にも変化が見られるようになり、食べた物が脂肪に蓄積される分が少なくなります。

つまり、食べても太りにくい体へと変化させることができますので、体質を根本から変えてダイエットを成功させたい時に向いています。

食物繊維や発酵食品は元々健康に良いとされているものであり、健康維持のために取り入れている人も大勢います。

他にもコップ一杯の水を一度に飲んだり、お風呂の中で腸を「の」の字にマッサージする方法があります。

水を飲む時には温度が重要であり、冷た過ぎると腸に刺激を与えて腹痛を起こす恐れもあります。

ペットボトルの水などを利用する場合でも常温に戻してから飲むことで、腸に余計な刺激を与えずに便通を促すことができます。

また、お風呂の中でのマッサージは、元々体が温まっているところに行うことで効率が良くなるとされています。

全身の有酸素運動として有名なウォーキングなども有効な方法ですので、自分で続けられそうな方法を見つけながら実践していくことが大切です。

どれも体に良いことばかりですが、短い期間で止めてしまっては意味がありませんので、継続することを一番に考えなければなりません。